着物大学

子供の結婚式で着る黒留袖と帯

母として着るのは、黒留袖

お子様の結婚式では、お母様は、5つ家紋が入った黒留袖をお召しになります。
その黒留袖は、衣というだけではなく家を現すものだと言えます。
黒留袖は既婚女性の第一礼装の位置づけで、とても格が高いのです。

o0299045012835702123

ただし、簡略化したような披露宴などでは色留袖という場合も有ります。
色留袖は、地色が黒ではなく、様々な色になります。
上半身に柄がなく、裾だけに柄があるので江戸妻とも呼ばれます。

o0450029912835702126 o0450029912835702125

子供の結婚式におけるお母様の着物には求められる格というものがあります。
その着物の格が、結婚式という神聖な儀式の中で参列者の方々への儀礼的な姿と
もいえますから、控えめに、色無地にしようかしら?などという考えは可笑しいです。

ホテルや結婚式場での挙式なら黒留袖ですし
レストランなどで簡単な挙式なら、黒留袖か色留袖でしょう。

o0450029912835702122 o0450029912835702124

会場とご参加くださる方々の顔ぶれによっても、求められる格が変わります。
その判断が難しければ、着物の専門家に相談しましょう。

購入かレンタルか?

また、黒留袖をレンタルするのか購入するのかと悩まれる方が多いです。
レンタルの長所は、お手入れの心配などがなく、自分で探してコーディネートなどしなくて良い点です。
欠点は、既成サイズなので、体にぴったり合うサイズでは有りません。
また、無難な柄が多いので、自分らしい好みのものを探すことが難しいです。

自分らしいとか、求める柄などがあれば、購入をお薦めします。

黒留袖を何回着るの?と考えると、お子様の結婚式や親戚の結婚式、お仲人などです。

お仲人をなさる方も少なくなりましたから、お召しになる回数が多くない方も
多いでしょうが、黒留袖をお召しになる機会の喜び密度はとても高いです。

待ちに待ったとか、一生に一回というようなお喜びの場面で、
家を代表する着物ですから、その重要性が高いのです。

ご子息が生まれてすぐに黒留袖をおつくりになった方がいらっしゃいます。
それだけで、そのお子様の誕生のお喜び度合いが分かります。
柄は、白い鶴の絵柄で正統派の柄です。
代々伝えていただける黒留袖ですね。

最近は黒留袖の生産量が少ないので、お好みのものがなければ
お誂えも良い記念になります。

黒留袖の個性

黒留袖というものが良く分からない方も、沢山の黒留袖をご覧になれば
古典的な伝統的なものから、おしゃれ度の高いものまで色々有ることが分かります。

817 221

お嫁入りに持っていく黒留袖は、赤や明るい色柄が入った若々しさがある柄で
段々歳をとって行きますと、それなりに落ち着きがあり、その方らしさを出した
ものが良いと思われます。

ただ、そんなに何枚も作らないという場合は、若い方(20代から40代)の1枚と
それなり以上の年齢の方(40代以上)の1枚というように2枚あればよいでしょう。
それなりのお家の方は、60代以上の1枚も加わります。

姉として、母として、祖母としてお召しになるものは、やはりそれぞれ違ってきます。
柄の風格やその方の個性にも合わせたものをお選び下さい。

あまり自分の好みで作ると、妹や娘に合わないのじゃない?

思うよりも、ご自分らしく素敵で有ることが重要です。

黒留袖に合わせる袋帯

黒留袖に合わせる帯は、金、銀、白などで品格の高い帯です。
黒や濃い地色の帯は締めません。

687 IMGP5983 IMGP5996

その上で、優しい方は、白い帯や金がすっきりを入った帯を
強さがお好みの方は、パンチが効きながら上品さがある帯を
格好良さがお似合いの方は、古典がモダンに仕上がったような帯を
探しましょう。

黒留袖は、黒の色が強いので、帯の強さを吸収してしまうような力が有りますか
ら普通以上にしっかりと織られた帯が合うでしょう。

黒留袖に合わせる帯締め・帯揚げ

黒留袖には、白の帯締めと帯揚げを使います。
それぞれに金が入ったり、組み方が格調たかかったりします。

4668

色柄によって雰囲気が異なりますから、自分らしいものを見つけましょう。

留袖のおあつらえ

最近は黒留袖の生産量が少ないので、お好みのものがなければ
お誂えも良い記念になります。

故郷の景色や思いで深い家や草花などで
作り手とやりとりしながらご自分だけの1点をおあつらえするのは
少し時間がかかりますが、わくわくと出来上がりを楽しみに出来ます。

また、地色をお好みのお色に出来ることも大きな特徴です。

おあつらえは、どのような絵柄が良いかと呉服屋さんや作り手の方と
やりとりして絵柄が決まります。
地色はおかませのことも有りますし、実際に何色かを当ててみて
選んだり、お持ちではない色にしたり、お似合いの色にしたりします。

柄の多さと手間のかかり具合で金額が決まりますが、量産せずに
1枚だけ特別作っていただくことから、それなりの価格になります。

留袖は、家を現し、代々伝えるものですから、そのようなおあつらえも
適しています。

234 457
IMGP7211c

参考サイト

伊藤康子のきものライフコンサルティング
http://kimono-bito.com/z-70213cordinate/index.htm

黒留袖 格式を重んじる黒留袖
http://www.kimono-bito.com/list.php?d_id=20141215060450&category_id=0113

[特集] きものライフリポート:母親として着る黒留袖
http://kimono-bito.com/y-130621kurotome/index.php

糸目友禅作家滝沢晃のきものお誂え
http://kimono-bito.com/z-30530tenjikai/5.php

晴れの日に選びたい!留袖レンタル店ガイド
http://レンタル留袖.net/rental/selection.html

この記事を書いた人

ban-kiji_kaithit_itoyasuko

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket